印刷する項目をお選びください。

まちの相続相談所

アンケート

あなたはどこにお住まいですか?

  • 豊前市
  • 築上町
  • 上毛町
  • 吉富町
  • みやこ町
  • 中津市
  • 行橋市
  • 苅田町
  • 宇佐市
  • 豊後高田市
  • 田川市
  • 直方市

あなたの地域は

弊所の相談対応可能エリアです。
いつでもご相談ください。

弊所では対応できないエリアです。
ご相談の受付はできませんが、当ホームページに
相続に関しての情報をまとめておりますので、お役立てください。

トップページへ移動する

配偶者居住権

配偶者居住権

どうして定められたか

 改正相続法の目玉と言われている制度です。旧法下では、判例法理による保護や、実務の工夫により、居住配偶者の保護を図っていましたが、今回、配偶者の保護を強化するという改正法の目的に沿って、明文として、配偶者居住権及び配偶者短期居住権の制度が定められました。

配偶者居住権とは何か

 居住建物の所有権を相続しない配偶者相続人に、原則として終身の間、無償で生存配偶者が自宅に居住することを認める制度です。

短期配偶者居住権とは何か

 配偶者相続人が、居住建物を、一定期間、無償で使用することができる権利です。

要件・効果はどうか

 各制度の要件・効果を比較する形でまとめましたので、ご参照ください。

配偶者短期居住権と配偶者居住権の違い

評価はどうするか

 配偶者居住権が認められる場合、遺産分割の際、当該権利の評価が必要になりますが、実務の蓄積を待つ必要があります。
 なお、税務的には、平成31年度税制改正大綱に、いくつかの場合の税務上の計算方法が示されており、こちらも参考にしていくことになるでしょう。

内縁配偶者の保護をどう図るか

 残された課題は、法律上の配偶者ではなく、事実上の内縁配偶者の保護をどう図るかです。
 借地借家法36条、黙示の使用貸借、権利濫用など(最高裁H10.2.26,大阪高裁H22.10.21判決等参照)実務の努力により、さまざまな法律構成が考えられています。

こちらから、別のページをお選びいただけます

どんなお悩みをお持ちですか?

あなたの地域は

弊所の相談対応可能エリアです。
いつでもご相談ください。

弊所では対応できないエリアです。
ご相談の受付はできませんが、当ホームページに
相続に関しての情報をまとめておりますので、お役立てください。

トップページへ移動する
もう一度、選択する