印刷する項目をお選びください。

まちの相続相談所

アンケート

あなたはどこにお住まいですか?

  • 豊前市
  • 築上町
  • 上毛町
  • 吉富町
  • みやこ町
  • 中津市
  • 行橋市
  • 苅田町
  • 宇佐市
  • 豊後高田市
  • 田川市
  • 直方市

あなたの地域は

弊所の相談対応可能エリアです。
いつでもご相談ください。

弊所では対応できないエリアです。
ご相談の受付はできませんが、当ホームページに
相続に関しての情報をまとめておりますので、お役立てください。

トップページへ移動する

限定承認

限定承認

「借金は引き継ぎたくない。プラスの財産があるなら引き継ぎたい。」

 そんなお悩みは、ありませんか。
 この場合、限定承認という方法があります。限定承認とは、相続人が被相続人の遺した積極財産の範囲内で消極財産を負担することを内容とする相続の承認をいいます。
 要は、借金を返して、プラス財産が余った時だけ財産を取得することができ、借金だけ残っても借金は引き継がないということも可能ということです。

 不動産を限定承認で相続した場合、不動産相当額の借金を弁済すれば、不動産を手元に残すことも可能です。相続した不動産が競売にかけられた場合にその不動産を優先的に購入する「先買権」を行使できるのも特徴といえます。
 借金もあるようだが、不動産を守りたいというニーズがある事案では、検討の余地があるかもしれません。

 一見、便利そうな制度ですが、実のところ、あまり利用されていません。相続人全員で申述しなければならず、熟慮期間も短く、なかなか上手くいかない。公告費用、不動産の場合には鑑定費用等などがかかり、時間がかかること、一定の費用がかかることも、その理由のようです。

 さらに、限定承認の場合、税務上の注意点があります。
 遺産の中に不動産が含まれている場合は、要注意です。被相続人から相続人への相続財産の時価による譲渡があったとみなされ、含み益に譲渡所得税が課税されます。
 純確定申告(4か月以内)が必要になりますし、居住用不動産に関する相続税の特例(小規模宅地等の特例)(3000万円の控除)も利用できません。
 要は、予想外の時期に、余計な課税がされる可能性があり、手続も面倒ということです。利用するかどうか、よく検討が必要です。

 私個人としては、たとえば、借金は継ぎたくないが、どうしても守りたい不動産があるというような事案を除いて、あまり積極的にはおすすめはしていません。
 手続を検討したいという場合は、複雑な手続ですから、弁護士に依頼を検討してもよいと思います。

こちらから、別のページをお選びいただけます

どんなお悩みをお持ちですか?

あなたの地域は

弊所の相談対応可能エリアです。
いつでもご相談ください。

弊所では対応できないエリアです。
ご相談の受付はできませんが、当ホームページに
相続に関しての情報をまとめておりますので、お役立てください。

トップページへ移動する
もう一度、選択する